生理痛の原因と改善について

「生理痛」とは、女性の生理期間中に生理にともなって起こる痛みの症状のことです。女性で月経のある人なら、一度は経験がある痛みでしょう。
そして、人によって、痛みの程度や症状、痛む場所など全く異なります。主に下腹部痛や腰痛が一般的とされていますが、この症状に加えて、吐き気や頭痛、食欲不振、イライラ、便秘や下痢などの症状を伴う場合もあります。


生理痛でも、動けない、立っていられない、仕事や日常生活に支障が出る場合は、婦人科系の病気も考えられます。
病気などの疾患がないものを「機能性月経困難症」といい、原因として冷えやストレスが考えられます。
子宮内膜症や子宮筋腫などが原因となる痛みは、「器質性月経困難症」といいます。 痛みや症状によって、どちらのタイプでの生理痛なのか異なるので、早めに婦人を受診することをお勧めします。 原因となるものが分かると、自分にとっての生理痛改善方法が分かります。
機能性であれば、身体を冷やさないこと、ストレスをためないことなど生活習慣をあらためることが重要です。疾患が原因となる器質性であれば、生活習慣の改善とともに、お薬でコントロールしながら生理痛改善に向けて様子をみることが必要です。

更年期に起こる寝汗の症状を改善する方法とは