日本人のアトピーの割合

日本人は外国の人と比べてアトピーに悩む方の割合が高いように感じますね。実際に乳幼児では全体の3割程度が発症しているという高い割合になっています。成長するにつれて減少する傾向にありますが、大人になってからも症状が続くということは珍しくありません。
日本人にアトピーが多い原因は様々なことが挙げられますが、元々の体質や遺伝によるものもありますし、環境によって引き起こされることもあります。発症しやすい体質の方が発症しやすい環境の中にいることでアトピーを引き起こしてしまうと考えられます。


実際に症状が起こると強いかゆみが起こり、湿疹やかさぶたが発生しやすくなります。一時的に解消しても症状を繰り返すという特徴があり、完全に治すことが難しいとされています。
ただ環境を変えると症状が緩和される場合が多いので、思い当たる原因があれば排除する必要があります。例えばダニやほこり、カビ等のハウスダストが挙げられます。どの家にもダニやほこりはあるものですが、特に念入りに掃除することが重要になってきます。衣類を洗濯する時に使用する洗剤や柔軟剤が原因になっている場合もあるので、肌に優しいタイプを選びましょう。規則正しい生活習慣を身につけることも必要です。

アトピーに効く入浴剤はどれ?