体温と病気の関係とは?

風邪をひいてしまうと体温が上がりますが、これは体の中で風邪の菌と体が戦っているために体温が上昇しているという説があります。
そもそも、体温が低い人は風邪をひきやすかったり、その他にも病気になりやすい傾向があると言われています。

普段から平熱が低い人は、36度後半の温度になっただけでも、風邪の症状が発生し、ぼうっとしたりめまいなどが発症します。体の温度は調整できるものでもありますが、食生活によっても左右されます。
普段から、シャワーだけでお風呂に入らない生活の人は体温がいつも低い状態の人が多く、慢性的な低体温状態に悩まされる人も多いです。体温は平常時から高い方が風邪への抵抗は強いと言われていますから、なるべく温かい服装で体温の低下を防ぐようにすることで体調の管理も容易になります。

体を冷やす冷たい飲み物を飲みすぎないようにするのも体温のコントロールに寄与します。

また、食事を摂ることで体温の上昇を図れますからしっかりと食事をすることも体温の低下を妨げることができます。入浴と食事、暖かい服装をするなど、体温の低下を助長しないような対策を普段からとるようにしましょう。

冷え対策サプリ

生理痛の原因と改善について

「生理痛」とは、女性の生理期間中に生理にともなって起こる痛みの症状のことです。女性で月経のある人なら、一度は経験がある痛みでしょう。
そして、人によって、痛みの程度や症状、痛む場所など全く異なります。主に下腹部痛や腰痛が一般的とされていますが、この症状に加えて、吐き気や頭痛、食欲不振、イライラ、便秘や下痢などの症状を伴う場合もあります。


生理痛でも、動けない、立っていられない、仕事や日常生活に支障が出る場合は、婦人科系の病気も考えられます。
病気などの疾患がないものを「機能性月経困難症」といい、原因として冷えやストレスが考えられます。
子宮内膜症や子宮筋腫などが原因となる痛みは、「器質性月経困難症」といいます。 痛みや症状によって、どちらのタイプでの生理痛なのか異なるので、早めに婦人を受診することをお勧めします。 原因となるものが分かると、自分にとっての生理痛改善方法が分かります。
機能性であれば、身体を冷やさないこと、ストレスをためないことなど生活習慣をあらためることが重要です。疾患が原因となる器質性であれば、生活習慣の改善とともに、お薬でコントロールしながら生理痛改善に向けて様子をみることが必要です。

更年期に起こる寝汗の症状を改善する方法とは

肩の疲労快復グッズについて

肩こりを改善したいと考えた時に、有効な手段の一つが、肩こり改善グッズを使うという事です。
グッズのメリットは、肩がこったと感じたら、すぐに対応する事が出来る事です。
ただ、肩こり改善グッズは多く販売されており、選び方で迷うという人も少なくないでしょう。
高い物であればマッサージチェア等、電動のマッサージ機能があるものが効果的です。
ですが、もっと日常的に手軽に対策をしたいと考えた場合、肩を温める効果があるものがお勧めです。
肩こりの原因のひとつは、肩の血液の血行不良です。


肩の血行を改善させたいと考えた場合、温める事が有効です。
カイロ等を貼れば良いと考える人もいますが、カイロの場合、熱くなり過ぎる事も珍しくありません。
それよりも、レンジ等で熱を持たせ、肩をゆっくりと温める効果のあるグッズを選ぶ事がお勧めです。
更に、手軽に使えるグッズとして、お勧めなのが、ツボ押し効果のあるものです。
テレビを見ながらなど、手軽に使う事が出来る上、こっている部分に対してピンポイントで使う事が出来るので、とても便利です。
肩こりを改善したいと考えたら、マッサージに行く事も有効ですが、同時にいつでも使える肩こり改善グッズを用意しておく事がお勧めです。

疲労対策サプリランキング