体温と病気の関係とは?

風邪をひいてしまうと体温が上がりますが、これは体の中で風邪の菌と体が戦っているために体温が上昇しているという説があります。
そもそも、体温が低い人は風邪をひきやすかったり、その他にも病気になりやすい傾向があると言われています。

普段から平熱が低い人は、36度後半の温度になっただけでも、風邪の症状が発生し、ぼうっとしたりめまいなどが発症します。体の温度は調整できるものでもありますが、食生活によっても左右されます。
普段から、シャワーだけでお風呂に入らない生活の人は体温がいつも低い状態の人が多く、慢性的な低体温状態に悩まされる人も多いです。体温は平常時から高い方が風邪への抵抗は強いと言われていますから、なるべく温かい服装で体温の低下を防ぐようにすることで体調の管理も容易になります。

体を冷やす冷たい飲み物を飲みすぎないようにするのも体温のコントロールに寄与します。

また、食事を摂ることで体温の上昇を図れますからしっかりと食事をすることも体温の低下を妨げることができます。入浴と食事、暖かい服装をするなど、体温の低下を助長しないような対策を普段からとるようにしましょう。

冷え対策サプリ